従来の採尿方法での問題点

 

被験者の立場で

  1. 女性・高齢者・身体の不自由な方が採取しづらい
    紙コップを使った洋式便器での採尿は困難。
  2. 採尿後の紙コップ廃棄への抵抗感
    自宅で採尿後(使用後)のコップをごみ箱に捨てる抵抗感。
  3. 幼年者の採取に苦労
    幼年者の採尿を保護者が介添えする場合、小さなコップでは採尿に苦労。

 

現場採尿時

  1. 検査実施までの運搬・保管
    採尿量が多すぎて、運搬時にこぼれる場合がある。尿が入ったコップは保管面積をとり、積み重ねができない。
  2. 現場採尿
    トイレの確保が必須。トイレの混雑と汚れ、臭いが問題。
  3. プライバシー(セクハラ?)
    現場採尿はコップ運搬時や検査待ち時、他人に尿を見られる事があり、恥ずかしい。特に女性では顕著。

 

検体の問題点

  1. 理想検体が採尿されない
    理想検体は早朝第一尿の中間尿と言われているが、コップでは採取しがたい。